サステナビリティ

サステナビリティ(持続可能経営)の実践に向けたマテリアリティ(重要課題)

<当社グループの成長の基盤となるマテリアリティ>

1.従業員の成長

  • 当社グループにおいて最重要の経営リソースである「人材」の育成・活躍推進に取り組む
  • 働きがい・働きやすい環境を整備し、多様な人とかかわる人材が、各フィールドで能力を最大限に発揮できるようにすることで、自律型価値創造人材の育成・活躍推進に取り組む

2.ガバナンス・コンプライアンスの充実

  • グループ経営理念、マツモトキヨシWAY*、グループ行動規範の更なる浸透を図り、企業の土台となるガバナンス、コンプライアンスを充実させ、経営の効率性・透明性や企業モラルを維持・向上し、信頼され続ける企業グループとなる

<社会的課題解決と当社成長が両立するマテリアリティ>

3.お客様・地域医療の美と健康を考える

  • お客様がいつまでも笑顔で過ごせるよう、お客様の「安全・安心・美・健康」を優先に考え、地域に必要とされる(有事にもライフラインの一部)ドラッグストア・薬局となる
  • 少子・超高齢社会が進むなか、地域医療の一翼を担う企業として、地域医療の高度化を支える

4.地球の健康を考える

  • ステークホルダーと繋がり、地球にとっての「1st for you.」を考え、エシカルな社会づくりへ貢献する
  • サステナブル・マーケティングにより、地球の健康を考え、本当に欲しい・必要とされる商品の創出や情報の発信をする

*…マツモトキヨシWAYとは、マツモトキヨシで働く全ての人が共有すべき信条であると共に遵守すべき憲法に相当するものです。

マツモトキヨシホールディングスは、「美」と「健康」を通して持続可能な社会の実現に貢献いたします。

サステナビリティに対する考え方

マツモトキヨシホールディングスグループでは、グループ経営理念に基づき、ステークホルダーの皆様のご期待やご要望を積極的に経営に反映させ、事業活動を推進しています。当社グループは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた様々な取り組みと、当社グループの「美と健康に奉仕する」という経営理念に基づく事業活動そのものが、SDGsの達成を目指すものであるとの認識のもと、SDGsの目標3である「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉に促進する」のように、当社の基本方針に則った事業活動を通じて社会的責任を果たしてまいります。

ESGの取組み(環境・社会・ガバナンス)

当社は、地域医療の一翼を担う企業集団として、「セルフメディケーション」と「地域に密着したかかりつけ薬局」を当社の社会貢献活動の大きなテーマとして掲げて様々な活動に取り組んでおります。

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)

SDGsについて
  • SDGsは、2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」において、持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するために、2030年までに達成すべきものとして掲げられた17の国際目標です。
  • 当社グループは、各地域における公衆衛生の維持向上を担うというドラッグストア・薬局としての使命感をもち、“美と健康の分野においてなくてはならない企業グループ”として存在すべく、その本業に関わるESGに取り組んでおります。
  • 当社グループのESGの各種施策は、地球規模のサステナビリティの向上に密接につながっており、世界が掲げるSDGsの達成に貢献しております。
  • 当社グループは、今後も各種施策の展開に更に注力してまいります。

環境に対する考え方

私たちは、環境意識の向上を図り、資源の節約などの環境保護活動に積極的に参加します。
私たちは、商品・サービスの研究、開発、製造、販売及び廃棄等にあたっては、常に環境保護の重要性を十分に認識し、環境に関する条約、法令等を遵守します。

社会に対する考え方

私たちは、本業を通じて、一人ひとりが日常の業務において「社会」を意識して行動することにより、あらゆるステークホルダーにとっての「1st for you.」となることを社会貢献活動の基本方針としております。
私たちは、この方針のもと、医療の一翼を担う企業集団として、「セルフメディケーション」と「地域に密着したかかりつけ薬局」を社会貢献活動の大きなテーマとして掲げて様々な活動に取り組み、お客様が健康で美しくあり続けるための企業集団として信頼されることを目指し、グループ経営理念の実現に向けて、考え、行動し、誇りと、活力を実感し、社会貢献活動を実践します。

ガバナンスに対する考え方

私たちは、グループ経営理念に基づき、お客様とその大切な人の健康を守る「いちばんのかかりつけ薬局」として、日本中どこにいても安心して「マツモトキヨシ」らしいサービスが受けられるように取り組んでおります。また、お客様だけでなく、株主様、従業員、お取引先様など、すべてのステークホルダーの皆様と長期的な信頼関係を構築し、“美と健康の分野になくてはならない企業グループ”として社会に必要とされる企業グループであり続けるために、その基盤となるコーポレート・ガバナンスを充実させることを目的とします。