沿革

マツモトキヨシホールディングス創業86年の軌跡

創業から成長へ

株式会社マツモトキヨシホールディングスの歴史は前身の事業会社マツモトキヨシからはじまります。
株式会社マツモトキヨシは1932年(昭和7年)千葉県松戸市小金に、社名にもなっている「松本清」が個人経営の「松本薬舗」を開いたことからはじまりました。

松本清は「まごころ」と愛情あふれる創業精神を基本に、既成概念にとらわれない「親切なお店」、「良い品をより安く」をモットーに、常にお客様の満足を追求しました。この心意気とアメリカで学んだチェーンストア理論との出会いが成長の「礎」となっています。

急成長のきっかけとなったのは、1987年(昭和62年)7月、都市型ドラッグストアの先駆けである「上野アメ横店」のオープンで、お客様に「健康で美しく」いていただくために、そして、バラエティーあふれる品揃えを楽しんでいただける店舗づくりを目指し、さらには、全国どこに行っても「マツモトキヨシ」があることを目標としてまいりました。

拡大から飛躍へ

1990年(平成2年)8月、株式の店頭公開を実現。1999年(平成11年)8月、東京証券取引所第一部に上場を果たしました。
ドラッグストアの専門店として1995年(平成7年)に売上高日本一となりました。

一方マツモトキヨシのグループ拡大は、2001年(平成13年)の地域優良企業との業務提携にはじまり、以後、業務・資本提携、会社設立などにより小売事業会社8社を含む15社に広がり、店舗網も45都道府県に広げています。(2018年3月現在 関連会社海外店舗は除く)

2007年(平成19年)10月には株式移転により持株会社「株式会社マツモトキヨシホールディングス」を設立。企業規模拡大を進めております。

  • 1932年
    マツモトキヨシの誕生

    昭和7年12月26日、松本清が松戸市小金44番地に「松本薬舗」を個人創業

    創業店舗
    創業者 松本 清
    松本清が目指したもの

    松本清は23歳で松戸市小金(マツモトキヨシ 小金店)に松本薬舗を開業。当時常磐線沿線で薬局のない街を選んだという好立地条件に加え、空箱を陳列して品揃えの豊富さをアピールしたり、ない商品は他店に買いに行ってまでも注文には迅速に対応するなど、真摯で親しみやすい人柄が店の評判を呼んだ。来客を増やすため見世物猿を置くなどアイデアマンでもあった話が多数残っている。店舗名についても誰でも読むことができるとカタカナを採用し「マツモトキヨシ」とした。

  • 1954年
    個人経営から法人組織へ

    昭和29年1月、法人組織に改組し将来の成長を心に期す

    創業当時のキャラクター・ロゴマークを残す店頭
  • 1987年
    都市型ドラッグストアの幕開け

    昭和62年7月、「明るく健康で美しく過ごしていただきたい」、「気軽に相談できる入りやすいお店」、として
    画期的な上野アメ横店をオープン

    業界に革命を起こした上野アメ横店の登場

    当時は体調がすぐれないなど理由がなければ薬局には来店しない風潮があった。照明も暗く入りづらい雰囲気の日本の薬局イメージを米国のドラッグストアから学んだ照明も明るく間口も開放的、新商品をはじめとする商品アイテム数も豊富、化粧品はテスター商品も取り揃え楽しく買い物ができるコンセプトに革新。上野アメ横店は都市型店舗の基礎となり首都圏におけるマツモトキヨシの店舗展開が拡大した。

    1987年オープンの上野アメ横店
  • 1990年
    株式の店頭公開

    平成2年8月、日本証券業協会へ店頭登録銘柄として登録

  • 1994年
    郊外型ドラッグストアに進出

    平成6年3月、柏市加賀にロードサイド型店舗をオープン

    初の郊外型ドラッグストアとしてオープン  柏加賀店
    郊外型の時代、到来

    顧客ニーズに応じ業態変化を進展していく中で郊外の幹線道路沿いで駐車場を備えた大型のドラッグストア事業も進行。都市型マツモトキヨシを利用の若年顧客が郊外に世帯を構える過程から都市型で取り扱う医薬品・化粧品から家庭日用品やベビー用品まで幅広い商品を扱う大型ドラッグストアで地域の顧客ニーズに対応。

  • 1995年
    ドラッグストア売上高No.1に

    平成7年3月売上高101,778百万円/216店舗

    売上高日本一のドラッグストアに

    首都圏の好立地に多数の店舗を展開、各店舗のロケーションや消費者ニーズに沿ったよりよい商品を豊富に品揃えし、専門知識を持つコンサルティングサービスによる販売実践により顧客との信頼関係を構築。この年売上高一千億円を突破。

    美と健康の事業分野において売上高1兆円企業を目指す。
  • 1996年
    テレビコマーシャルを開始

    平成8年4月

    CMで話題性を創出
  • 1999年
    東京証券取引所一部上場

    平成11年8月

    東京証券取引所一部上場
  • 2001年
    グループ拡大化戦略スタート

    平成13年地域優良企業との業務提携開始

    500店舗達成

    平成13年3月

    拡大路線を加速

    意欲的な出店とともに地域の優良企業との資本・業務提携、フランチャイズ契約によりマツモトキヨシグループ拡大戦略がスタート。2001年(平成13年)3月期に500店舗を達成。次に掲げた目標として全国規模のマツモトキヨシグループ形成により出店競争の激化・異業種参入・価格競争による利益率の低下などの課題解決、事業の発展および効率化を図るため、スケールメリットを生かした商品の相互供給やPB商品開発などの協力を目的に各企業と結束。

    グループ拡大化戦略
  • 2002年
    創業70周年

    平成14年1月

    ポイントカードをスタート

    平成14年4月

    ポイント制の導入
  • 2005年
    新型フランチャイズパッケージのスタート

    平成17年8月京急ハウツ店オープン

  • 2007年
    ドラッグ店24時間営業1号店

    平成19年6月

    ドラッグ店24時間営業1号店
  • 持株会社 株式会社マツモトキヨシホールディングスを設立

    平成19年10月

    株式会社マツモトキヨシホールディングスを設立
  • 2008年
    銀聯カード導入店拡大

    平成20年1月

    銀聯カード
  • 2012年
    LINE対応スタート

    平成24年7月

    LINE対応スタート
  • 創業80周年

    平成24年12月

  • 2014年
    代表取締役社長に松本清雄が就任

    平成26年4月

    セントラルグループと協業

    平成26年5月
    タイ国内でPB商品のテストマーケティングを開始

    タイでのPB商品テストマーケティングスタート
    マツモトキヨシ公式アプリを公開

    平成26年8月

    マツモトキヨシ公式アプリを公開
    免税対応開始

    平成26年10月

    免税対応開始
  • 2015年
    免税に特化した店舗を展開
    有楽町イトシアプラザ店

    平成27年3月

    免税に特化した店舗を展開 有楽町イトシアプラザ店
    松本南海雄会長平成27年春の叙勲において
    「旭日小綬章」を受章

    平成27年4月

    一企業としての発展に留まらず、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の初代会長として、日本におけるドラッグストアの理解促進、自分の健康は自分で守る「セルフメディケーション」の推進など社会に大きな役割を果たしたことが評価されました。

    タイでのPB商品テストマーケティングスタート
    初のアウトレットモールへの出店
    OUTLET三井アウトレットパーク幕張店

    平成27年7月

    初のアウトレットモールへの出店 OUTLET三井アウトレットパーク幕張店
    次世代ヘルスケア店舗の展開開始
    暮らしのヘルスケアショップ
    matsukiyo LAB新松戸駅前店

    平成27年9月

    次世代ヘルスケア店舗の展開開始 暮らしのヘルスケアショップ matsukiyo LAB新松戸駅前店
    越境ECへの対応
    アリババ社による
    天猫国際モールに出店

    平成27年9月

    越境ECへの対応 アリババ社による 天猫国際モールに出店
    空港関連施設への初出店
    京急羽田国際線ターミナル駅
    (FC葛梛}ハウツによる運営)

    平成27年10月

    空港関連施設への初出店 京急羽田国際線ターミナル駅(FC葛梛}ハウツによる運営)
    海外第1号店
    タイ王国にオープン
    ラプラオ店(バンコク)

    平成27年10月

    海外第1号店 タイ王国にオープン
    オリジナルブランド
    「matsukiyo」の誕生

    平成27年12月

    オリジナルブランド 「matsukiyo」の誕生
  • 2016年
    サプライチェーンイノベーション大賞
    2016優秀賞を受賞

    平成28年7月

    サプライチェーンイノベーション大賞 2016優秀賞を受賞
  • 2017年
    matsukiyo LAB 新松戸駅前店が
    健康サポート薬局に認定

    平成29年2月

    matsukiyo LAB 新松戸駅前店が 健康サポート薬局に認定
    百貨店内1号店
    島屋免税店 SHILLA&ANA
    新宿店(FC契約店舗)

    平成29年4月

    百貨店内1号店 島屋免税店 SHILLA&ANA 新宿店(FC契約店舗)
    働く女性に向けた新業態
    BeautyU 銀座中央通り店をオープン

    平成29年6月

    働く女性に向けた新業態 BeautyU 銀座中央通り店をオープン
    ホテル内1号店 成田東武ホテルエアポート店

    平成29年9月

    ホテル内1号店 成田東武ホテルエアポート店<
    国内プライベートブランド初
    パッケージデザイン賞ペントアワードの
    ボディ部門でプラチナ賞を受賞

    平成29年10月

    パッケージデザイン賞ペントアワード
  • 2018年
    台湾での展開に向け
    台湾松本清股份有限公司を設立

    平成30年1月

    昨年に引き続き国内のブランド価値
    評価ランキングで34位にランクイン

    平成30年3月

    インターブランド社によるブランド価値評価ランキング
    「Japan’s Best Domestic Brands 2018」にて日本のドラッグストア
    としては唯一34位にランクインされました。
    ブランド価値の前年伸長率は4位

    Japan’s Best Domestic Brands 2018
    女性の活躍を推進する企業として
    厚生労働大臣より
    「えるぼし(最高位の3段階目)」に認定

    平成30年3月

    女性の活躍を推進する企業として厚生労働大臣より「えるぼし(最高位の3段階目)」に認定
    国際線ターミナル内グループ1号店
    福岡空港国際線ターミナル店

    平成30年6月

    国際線ターミナル内グループ1号店 福岡空港国際線ターミナル店
    国際空港出国手続き後エリアに出店
    成田国際空港第1ターミナル店

    平成30年7月

    国際空港出国手続き後エリアに出店 成田国際空港第1ターミナル店
    「マツモトキヨシ」台湾第1号店オープン

    平成30年10月

    「マツモトキヨシ」台湾第1号店オープン
    「Japan Branding Awards 2018」において
    プライベートブランド「matsukiyo」が最高賞「Best of the Best」を受賞

    平成30年11月

    「Japan Branding Awards 2018」において プライベートブランド「matsukiyo」が最高賞「Best of the Best」を受賞
  • 2020年
    目標
    グループ売上高8,000億円
    ROE10%以上